アイシテル・第9話あらすじ:稲森いずみ主演!「アイシテル〜海容」のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマ「アイシテル〜海容」第9話あらすじ

ドラマアイシテル海容第9話あらすじ 2009年6月10日放送

智也(嘉数一星)の審判が始まった。
審判では聖子(板谷由夏)から加害者である智也に宛てた手紙が読み上げられた。
手紙の内容は、死んだ清貴(佐藤詩音)の分まで生きて、自分の犯した罪の重さを知ってもらいたい、というものだった。
さつき(稲森いずみ)はその言葉を聴き、一生かけても智也を更正させようと心に誓う。
審判で、智也は自立支援センターへ送致されることに決まった。
智也とさつき(稲森いずみ)たちにとっては新たな生活が始まることになった。
一方、聖子は秀昭(佐野史郎)、美帆子(川島海荷)に加害者である智也あてに手紙を書いたことを告げた。
秀昭は聖子の行動に対し怒りを感じるものの、なにか釈然としないものが残るのだった。
秀昭は富田(田中美佐子)と会って話してみることにした。
富田は、聖子が加害者である智也に手紙を送ったのは自分なりにこの事件を乗り越えるための手立てなのではないかと話す。
秀昭は自分が犯人を恨み続けることが家族を更に不幸にすることになるのではないかと気づきはじめる。

「アイシテル〜海容」第9話・予告動画
posted by inamori at 09:02 | アイシテル・第9話あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。