アイシテル・第5回あらすじ:稲森いずみ主演!「アイシテル〜海容」のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマ「アイシテル〜海容」第5回あらすじ

ドラマアイシテル海容第5回あらすじ・2009年5月13日放送

さつき(稲森いずみ)は息子の智也が起こした事件現場に花を供えにいった。
その姿を偶然にも、美帆子(川島海荷)が見ていた。
美帆子はそのことを両親の秀昭(佐野史郎)と聖子(板谷由夏)に話そうかどうしようか迷う。
清貴(佐藤詩音)の事件から立ち直ろうとしている2人にはなかなか言い出せなかったのだ。
美帆子は家族が元の状態に戻ることを願い、事件現場に山と積まれた供え物や花束などをさっぱり整理しようと提案する。
父親の秀昭は美帆子の提案を受け入れることにした。
だが聖子は、供え物の中にはさつき(稲森いずみ)が供えた花もあることが気になって、どこか不安定な気持ちになるのだった。
さつき(稲森いずみ)は謝罪の手紙を小沢家に受け取ってもらえなかったことを気に病んでいた。
しかし富田(田中美佐子)の助言と励ましを受けて、夫の和彦(山本太郎)とともに小沢家に償い続けようと心に決めるのだった。
智也(嘉数一星)のことでさつき(稲森いずみ)はあることを思い出していた。
それは、去年の9月頃、智也が雨でもないのにびしょ濡れで帰宅したこと。
さつき(稲森いずみ)は、智也の様子がおかしくなってきたのはその頃からではないかと考え始めていた。
そして友人のエリ(猫背椿)の娘、遥(野口真緒)に、その頃、智也になにかなかったか聞きにいく。
遥は、智也があるとき奇妙な行動をとっていたことを思い出したと話した。
さつき(稲森いずみ)からその話しを聞いた富田は、その頃に起こった別の事件と、その智也の行動とになにか因果関係があるのではないかと思いはじめる!・・・

ドラマ「アイシテル〜海容」第5回あらすじ・予告動画
posted by inamori at 13:43 | アイシテル・第5回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。