アイシテル・第4回あらすじ:稲森いずみ主演!「アイシテル〜海容」のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマ「アイシテル〜海容」第4回・あらすじ

ドラマアイシテル海容第4回あらすじ・2009年5月6日放送

さつき(稲森いずみ)は担当の調査官、富田(田中美佐子)に励まされながら、息子である、智也(嘉数一星)と母親として正面から向き合っていこうと決意する。
富田はさつき(稲森いずみ)に智也から聴いた事件当日の様子を告げた。
智也は、清貴(佐藤詩音)が困っている様子だったので、なんとかしてあげようと清貴を自宅のトイレに連れて行ったという。
智也は富田に事件当日のことを少しずつ話し始めていた。
智也は清貴に、お兄ちゃんの家、ヘンといわれムカついたというのだが、富田は智也にはまだ事件の核心にせまる部分を隠していると感じるのだった。
一方、小沢では、美帆子が母、聖子(板谷由夏)と父、秀昭(佐野史郎)に、パパもママも自分より清貴ばかり可愛がっていたと語っていた。
聖子と秀昭はショックを受け、美帆子が傷ついていたことを知り、美帆子に謝るのだった。
美帆子もまた自分も両親に愛されていたことをに気づき、小沢家は家族の絆を確認しあう。
そんな小沢家に、さつき(稲森いずみ)からの手紙が届く。
お詫びの手紙ではあったが、自分の子供がなぜ人を殺してしまったのか解らないという内容に清貴の父、秀昭は憤りを隠せなかった。
だが、聖子は打ちひしがれながらも、同じ子供を持つ母親として、さつき(稲森いずみ)の気持ちが理解できなくもなかった。
少年鑑別所では、智也は富田にあるものを見せられ、驚き椅子から立ち上がり、それを止めようとした宮本(山崎画大)を突き飛ばすという出来事が起きていた!・・・
posted by inamori at 09:25 | アイシテル・第4回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。