ドラマ「アイシテル〜海容」第10話(最終回)あらすじ:稲森いずみ主演!「アイシテル〜海容」のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマ「アイシテル〜海容」第10話(最終回)あらすじ

ドラマ「アイシテル〜海容」第10話(最終回)あらすじ 2009年6月17日放送

さつき(稲森いずみ)宛てに被害者の母である小沢聖子(板谷由夏)から手紙が届く。
そして清貴(佐藤詩音)の墓前で、さつき(稲森いずみ)と聖子は対面を果たす。
さつき(稲森いずみ)は聖子に土下座して謝罪するのだった。
聖子は、死んだ清貴のためにもさつき(稲森いずみ)と智也(嘉数一星)に生きて欲しいと涙を流しながら告げる。
さつき(稲森いずみ)は聖子の言葉に打ち震える。
聖子の夫、秀昭(佐野史郎)もそんな2人を遠くで見守っていた。
それから1年が過ぎ、智也(嘉数一星)が施設から退所してきた。
さつき(稲森いずみ)と和彦(山本太郎)は智也をしっかりと受け止めようとする。
しかし智也はどうしても居心地が悪く、施設に戻りたいと富田(田中美佐子)に話す。
智也は自分だけ普通の生活に戻ることに罪の意識を感じていた。
さつき(稲森いずみ)はそんな智也に、聖子の生きろというメッセージを伝えるのだった。
一方、美帆子(川島海荷)は智也が退所したことを知り、智也の居所を探し出そうとしていた。
聖子は美帆子に、犯人も苦しんでいるはず、その子を憎んでも何も生まれないと諭す。
小沢家はキヨタンの事件を徐々に乗り越えつつあった。
そして1年後、智也はある出来事で自分の犯した罪をあらためて知ることになる・・・
posted by inamori at 19:04 | アイシテル・第10話あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。