ドラマ「アイシテル〜海容」第7回あらすじ:稲森いずみ主演!「アイシテル〜海容」のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマ「アイシテル〜海容」第7回あらすじ

ドラマアイシテル海容第7回あらすじ・2009年5月27日放送

さつき(稲森いずみ)はなんとか病院から退院できるようになった。
さつき(稲森いずみ)は自分が生きている意味を考えていた。
息子、智也(嘉数一星)が犯した罪を共に背負い共に生きていくことが自分が生きる意味だと。
そして被害者家族の苦しみを思い続けることだけが償いになるのだと。
そんな風に思い始めたさつき(稲森いずみ)は、富田(田中美佐子)にそのことを話し、小沢家へもう一度謝罪の気持ちを伝えたいと、手紙を富田に託すのだった。
智也は和彦(山本太郎)からさつきが入院したことを聞かされていた。
さつきに対しても拒絶的な態度を取っていた智也も、面会にきたさつき(稲森いずみ)を受け入れ、思いやるかのような言葉さえかけるのだった。
久しぶりに智也に会い、思わぬ気遣いの言葉をかけられたさつきは、思わず胸がつまり涙があふれてくるのを止められなかった。
富田はさつきから預かった手紙を渡そうと小沢家を訪ねた。
聖子(板谷由夏)は、同じ子供を持つ母親として、さつき(稲森いずみ)の気持ちを知りたいという気持ちもあったが、やはり事件のことを思い出すのはつらかった。
聖子は富田に、手紙はこれで止めて欲しいと告げた。
秀昭(佐野史郎)は、聖子が手紙を受け取ったことを知り怒る。
手紙を受け取ることは犯人を許すことになるというのだ。
そして、翌朝早々、野口家に手紙を返してくると言い家を出て行くのだが...
posted by inamori at 09:19 | アイシテル・第7回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。