ドラマ「アイシテル〜海容」第3回・あらすじ:稲森いずみ主演!「アイシテル〜海容」のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマ「アイシテル〜海容」第3回・あらすじ

ドラマアイシテル海容第3回あらすじ・2009年4月29日放送

野口さつき(稲森いずみ)の息子で5年生の智也(嘉数一星)が、小沢聖子(板谷由夏)の子供で小学2年生の清貴(佐藤詩音)の殺害容疑で、少年鑑別所に収容される。
母親のさつきは、智也の面会に行くが、智也はさつきを拒絶するかのような態度をとるのだった。
さつき(稲森いずみ)はショックを受けるが、担当の調査員、富田(田中美佐子)に励まされる。
さつきは、もう一度母親として息子と向き合おうと心に決めるのだった。
一方、清貴の母、小沢聖子は息子が死んでしまったのは自分に責任があると自分を責め続ける毎日だった。
小沢家では、そんな聖子を、娘の美帆子(川島海荷)と夫の秀昭(佐野史郎)がなんとか支えようと必死だった。
さつき(稲森いずみ)は、とりあえず智也の担任に話しを聞こうと、智也の通っていた小学校を訪ねる。
そして、智也は学校では周囲を和ませる少年だったと聞かされ、さらに智也の同級生から、智也はお母さんが好きだったと聞かされる。
さつきは、普段の智也の姿と自分に対する想いを知り涙が溢れるのをとめられなかった。
さつき(稲森いずみ)は、家を出ていった夫の和彦(山本太郎)とも、ぶつかりあいながら話し、夫と本音で話し合ったのは
初めてだと気づくのだった。
少年鑑別所に収容された智也は、少しずつ富田に心を開き、事件のことを話すようになっていた。
聖子も、娘の美帆子と夫の秀昭に支えられ徐々に気持ちが落ち着いてきていた。
しかしある日、美帆子はファミレスで偶然、さつきと富田が話しているのを聞いてしまう。
posted by inamori at 10:37 | アイシテル・第3回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。