ドラマ「アイシテル〜海容」第2回・あらすじ:稲森いずみ主演!「アイシテル〜海容」のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマ「アイシテル〜海容」第2回・あらすじ

ドラマアイシテル海容第2回あらすじ・2009年4月22日放送

野口さつき(稲森いずみ)は、母親であり、妻であり、ごく普通の主婦として生活していた。
どんな理由かは解らないが、小学5年生の息子、智也(嘉数一星)が、小沢聖子(板谷由夏)の子供、清貴(佐藤詩音)を殺害し、警察に保護されたことで生活が一変してしまう。
さつき(稲森いずみ)と夫、和彦(山本太郎)は、なぜ智也がこんなことをしていまったのか、自分たちの育て方がわるかったのではないかと苦悩するのだった。
被害者の母親、聖子も、子供を殺害した犯人が小学生だと知りショックを受ける。
聖子は、自分がランチのために15分家を空けなければ息子の清貴はこんなことにならなかったのにと、母親としての責任を果たせなかったことに対し自責と後悔の念に苦しんでいた。
聖子は、いまはいない息子にあやまり、話しかけるようになっていた。
娘の美帆子(川島海荷)と、夫の秀昭(佐野史郎)はそんな聖子を心配するのだった。
加害者の親である、さつき(稲森いずみ)と和彦のマンションにはマスコミが殺到する。
そして、ドアに落書きされるなどの嫌がらせが相次ぐ。
そんな状況のなか、さつき(稲森いずみ)は、清貴の告別式が行なわれることを知り、当然自分も行かなければと告別式に訪れる。
しかしそこで、さつき(稲森いずみ)は、愛する息子を突然奪われた小沢家の悲しみを目の当たりにし、とてもいたたまれずにその場を後にするのだった。
智也の事件担当の家庭裁判所の調査員、富田(田中美佐子)は、そんなさつき(稲森いずみ)に優しく声をかける。
富田は、自分も小学4年生の息子の母であり、智也に対しても優しく温かく接していく。
堅く心を閉ざしていた智也も、次第に富田に心を開いていくのだった。
posted by inamori at 11:05 | アイシテル・第2回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。